海外のスーパーで知っておきたい!スーパーの英単語集

海外のスーパーはウロウロしているだけでも楽しいですよね。
大きなスーパーに行けばそれだけ商品も多く、いつもと違うスーパーに行くと尚更、どこに何があるのか迷ってしまいます。
だいたいどこのお店も”aisle number”=通路の番号があります。
棚の端に表示されていることもありますし、大きな看板が上にあり何の商品が並んでいるのか書かれていることもあるので、良く見てみましょう。

スーパーの品物・種類の英単語

Produce・・・青果物。果物や野菜のこと。

Meat/Seafood・・・お肉、魚介類。アメリカ中部では”Sashimi Grade”(お刺身用)の生魚がなかなか買えません。

Dairy・・・乳製品。

Deli/ Kitchen・・・お惣菜。ハムやチーズの量り売りをしているスーパーも。

Bulk・・・量り売り。必要な分だけ買うことができます。

Drink/ Beverage・・・ジュースなどの飲み物。

Alcohol・・・酒類。購入の際には身分証明書が必要です。

Apothecary/ Pharmacy・・・薬局。
”Pharmacy”のほうが一般的に使われますが、広告などで時々”Apothecary”の単語を見かけることもあります。

Frozen・・・冷凍食品

Patisserie・・・pastryやdessertよりもちょっとオシャレな表現。ケーキなどのデザート。

Bakery・・・パン類。

Household goods・・・家庭用品/日用品。トイレットペーパー、洗剤など。

乳製品
家庭用品、日用品
量り売りコーナー

Bulk(量り売り)を利用してみよう

ちょっとの量を使用したい時や、色々な種類を試したい時に便利なbulkエリア。
袋や容器が設置してあるので、まずは必要な量を入れます。
表示されている値段は1パウンドの値段。近くに量りがあるので、確認することもできます。

商品名が表示されている横に、商品番号(PLU#=Price Look-Up number)が必ず書いてあります。
お店によって違いますが、手書きで商品番号を書きレジに持っていけばいい場合と、設置されている機械を使い、商品番号を入力して値段のステッカーを自分で作る場合とがあります。

PLU#=Price Look-Up number =商品番号
表示されている値段は1パウンドの値段
安全な野菜・肉はどれ?アメリカのスーパーで見る食品ラベルまとめ

安全な野菜・肉はどれ?アメリカのスーパーで見る食品ラベルまとめ

アメリカ駐在が始まってスーパーに行ってみたものの「何を買おう……

【保存版】バス・トイレ用品/掃除用品の英単語まとめ

【保存版】バス・トイレ用品/掃除用品の英単語まとめ

海外で生活するなら知っておきたい「バス・トイレ用品と掃除用品……