海外で薬を買いたい!薬剤師へ相談をするには?薬局での英会話|海外駐在妻の英語

抗生物質や専門的な薬であれば、医者に行かないと処方されませんが、アメリカではちょっとの風邪や熱で病院に行く人はほとんどいません。
熱が続くから医者に行ったけど、結局市販の薬を飲めと言われた・・・なんて話はよくあります。
そして、いざドラッグストアへ行っても種類がたくさんあり、何を買ったらいいのかわからない!なんて事になった時に、薬剤師さんに質問できるように、フレーズを少し覚えておきましょう。

アメリカの薬の種類

Prescription Drug

医師の処方箋が必要な医薬品をPrescription Drugと言います。
紙の処方箋と電子型処方箋があり、紙の処方箋であれば、都合の良い薬局に持参し、処方してもらいます。
電子型の処方箋であれば、事前に指定した薬局に処方箋をメールで送ってもらいます。
用意が出来た段階でもらいに行けば、待ち時間なく薬を受け取ることが出来ます。
ドライブスルーで受け取れる薬局もあり、病気の子供を連れてあちこち動き回るのが大変な時はとても助かります。
事前に自分の医療保険の使える薬局の中から、自宅の近くやドライブスルーのある薬局などを調べておくと、急な病気の時も慌てずに済むと思います。

OTC=Over The Counter Drug

医者の処方なしで自由に買える市販薬をOTC Drugと言います。
アメリカでは熱を出して病院の予約を取ろうと電話をしても、症状が大したものでないと判断されると、市販の風邪薬を飲んで様子を見るようにと言われることがあります。
また、医師の診療を受けても抗生物質など処方箋の必要な薬以外は、市販薬を買うように指示されます。
どの市販薬を買うかは個人の自由ですが、日本では処方箋のいるような強い薬も普通に薬局で売っているので、迷うような事があれば薬剤師に相談するのをお薦めします。

ドラッグストアやスーパーの薬局で薬を買うときの英会話

スーパーの薬局はPharmacyといいます。
だいたいのスーパー、例えばアメリカではTarget やWalmartなどと言ったお店では、入り口近くかお店の角にpharmacyがあります。
薬剤師さんはPharmacistといいます。
何を買ったらいいか分からない時は遠慮せずにアドバイスをもらいましょう。

アメリカではスーパーに薬局があることが多い

薬局で薬を処方してもらうときの英会話例

あなた

Can I ask you about medicine?
(薬のことを聞いてもいいですか?)

薬剤師

Sure. What are you looking for?
(もちろん。何を探しているのですか?)

あなた

I have been coughing for a few days and I keep waking up during the night.
I want something not too strong.
(もう何日も咳が続いていて、夜中も起きてしまうのです。
あまり強くない薬が欲しいです。)

have been ~ing=(~の症状が)しばらく続いている

“have been ~ing”でその状態がしばらく続いているという意味合いになります。
“been coughing”のフレーズを変えて他の症状の言い方も確認してみましょう。

I have been having a fever.
(熱が続いています。)

I have been having a sore throat.
(喉の痛みが続いています。)

アレルギー用の薬、鼻水・咳の薬を買う時には、眠くなる成分が含まれているのかいないのか、よくチェックしてみましょう。
夜は眠り易くて良いですが、昼間はちょっと困ってしまうかもしれません。
夜用昼用と書かれているシロップタイプの薬もありますし、他の薬であれば両方用意するのも良いでしょう。
薬局ではこう聞いてみましょう。

Does this make me feel drowsy? 
(これは眠くなりますか?)

“drowsy”という単語が「眠くなる、うとうとする」という意味になります。
普段、薬が効き過ぎてしまう人は、目まいを感じる人もいるようなので気をつけて下さい。

お子さんの風邪はかかりつけ医に電話をして看護師に相談がベター

特にお子さんが風邪を引いた時にあげる薬に困った時は、かかりつけ医に電話して、直接看護師さんに聞いてみましょう。
電話での相談は無料で出来るところがほとんどです。
子供へあげる薬の量は体重で決まってくるので、事前にお子さんの体重を言えるようにしておきましょう。
アメリカではパウンドですが、キロで言っても調べてくれると思います。
また、熱も℃ではなく°Fなのでグーグルなどで調べておきましょう。

市販薬の例

かかりつけ医に薬の相談をするときの英会話例

あなた

Hello. I have a 4-year-old son.
He has got a fever since last night and still has it.
Which medicine should I give him?

(もしもし、4歳の息子がいます。
昨晩から熱が出ていて、まだ熱があります。
どの薬をあげたらいいでしょうか?)

医師(看護師)

What is his temperature?
(体温はどのくらいですか?)

あなた

It is 102°F.
(102度/38.9度です。)

医師(看護師)

Try Tylenol.
How much does he weight?

(タイノールを試してみて下さい。
体重はどのくらいですか?)

あなた

He is 32 lb.
(32パウンド/14.5キロです。)

医師(看護師)

Give him 〇〇ml every 4 hours.
If he still has a fever for 3 days, give us a call again.

(4時間毎に〇〇mlあげて下さい。
もし熱が3日間下がらなかったらまた電話して下さい。)

あなた

Okay. I will. Thank you.
(わかりました、そうします。ありがとうございます。)

薬局やドラッグストアで使える英会話フレーズ

How often should I take this medicine?
(どのくらいの頻度でこの薬を飲んだら良いですか?)

日本語では「薬を飲む」と言いますが、英語で言うときは”take medicine”と言います。
「飲む」の直訳である”drink”とは言わないので、注意しましょう。

What is the dosage?
(摂取量はどのくらいですか?)

Can I mix with any other medicine?
(他の薬と合わせて飲んで大丈夫ですか?)

Do you have any pain killer? I have a headache.
(痛み止めはありますか?頭痛がするのです。)

Do you have cream for bug bites?
(虫刺され用の塗り薬はありますか?)

Do you have any cream for itchy skin?
I might have touched poison ivy.

(皮膚のかゆみ用の塗り薬はありますか?
ポイズン・アイビーに触ってしまったかもしれません。)

Poison ivy(ポイズン・アイビー)とは日本語でツタウルシという植物です。
森林でよく見られますが、植物の多いところでは混ざって小道の脇などに生えています。
触れてしまうと、皮膚がかぶれたりアレルギー反応を起こす人もいます。
軽いかゆみなら薬局等で塗り薬を紹介してもらいましょう。

この投稿をInstagramで見る

9月中旬より良く見かけるこのサイン。 “Flu Shot”はインフルエンザ予防接種。 スーパーでも薬局(Pharmacy)のあるところなら、自己負担金(co pay)なし、アポなし(No appointment needed.)で接種できます。 保険(insurance)に加入していて予防接種がカバーされているなら、買い物ついでに受けましょう。 #駐在妻 #駐在妻予定 #駐在生活 #駐在 #駐在準備 #駐在妻ライフ #駐在員妻 #海外子育て #海外生活 #海外暮らし #アメリカ子育て #アメリカ駐在 #アメリカ生活 #アメリカ駐在妻 #ニューヨーク駐在 #ボストン駐在 #フロリダ駐在 #テキサス駐在 #ニュージャージー駐在 #ロンドン駐在 #ベトナム駐在 #フィリピン駐在 #香港駐在 #インド駐在

駐在妻予定の方向け英会話講座さん(@chuzai_eikaiwa)がシェアした投稿 –

海外の薬局やドラッグストアで薬を買うときの英会話まとめ

日本だとお医者さんにも行きやすく、薬もすぐにもらえますが、アメリカではなかなか予約をとることもできず、ちょっとの風邪ならば、市販の薬を買って様子をみることがほとんどです。
完璧に会話ができなくても、症状を確実に伝え、薬が買えるように練習してみましょう。

最後に、本日出てきた薬局で使う英語フレーズや単語の復習をしてみましょう。


・何日も咳が続いています=I have been coughing for a few days.
・何日も熱が出ています=I have been having a fever for a few days.
・何日も喉の痛みが続いています。=I have been having a sore throat for a few days.


・(この薬を飲むと)眠くなりますか?=Does this make me feel drowsy? 


・(息子に)どの薬を飲ませたら良いでしょうか?=Which medicine should I give him?
・どのくらいの頻度でこの薬を飲んだら良いですか?=How often should I take this medicine?

・摂取量はどのくらいですか?=What is the dosage?
・他の薬と合わせて飲んで大丈夫ですか?=Can I mix with any other medicine?


・痛み止め=pain killer
・虫刺され用の塗り薬=cream for bug bites
・かゆみ用の塗り薬=cream for itchy skin

日本とは違う!アメリカで病院にかかるときの3つの注意点

日本とは違う!アメリカで病院にかかるときの3つの注意点

日本とアメリカの大きな違いの1つである「病院」。保険の制度も…

海外赴任帯同で役立つヒントをInstagramで配信中

対応エリア:東京・横浜・神奈川・埼玉・千葉・オンライン(全国/海外)
海外赴任に帯同するプレ駐在妻向け
マンツーマン英会話レッスン

これから始まる駐在生活。英語に不安がある方へ。
駐在生活や子育てに必要な英語を出発までマンツーマンで学べます。

生徒様の声
出発前にレッスンを受けた方から
こんな声をいただいています

子育てや医療など希望通りにレッスンしてもらいました

子育てや医療など英会話レッスン 暑い季節に毎回自宅まで来て頂いたおかげで、 小さな子どもと英会話レッスンを受けることができました。 レッスンは、私が希望していた通りに、子育てや医療に関するボキャブラリーを中心に、 テキストを活用しながら進めていただきました。 これからアメリカに行きますが、 レッスンで習った単語をマスターして幅広くコミュニケーションが取れるように頑張ります。 30代女性 アメリカ帯同 9ヶ月の赤ちゃんのお母様

今まで英会話はキツかったけど、今回は英語が楽しいと思えた!

今まで英会話はキツかったけど、今回は英語が楽しいと思えた! 今までも英語のレッスンを何度か受けた事がありましたが、正直キツくて楽しいと感じる事はありませんでした。 でも、こちらのレッスンは今までと違って、初めて楽しい!と思えました。 この短期間での上達は自分では実感できませんが、自分の気持ちの変化が大きいと思います。 英語が少し楽しいと思えた事が一番の収穫です。 こちらに出会えて本当に感謝です。 40代女性 アメリカ帯同 14歳と11歳のお母様

先生は優しくて質問にも細かく対応してもらえる

先生は優しくて質問にも細かく対応してもらえる 毎回とても楽しいです! 英語苦手で楽しいと思ったことがなかったので、自分でもびっくりしています。 超低レベルなわたしのことも見捨たりバカにしたりせず、 いつも優しく(時には褒めてくれたり!)教えてくださっています。 わたしの質問に対しても細かく調べて来てくださったり、 わたしに合ったシチュエーションでのレッスンも取り入れてくださっているので、実践できる日が楽しみです。 30代女性 イギリス帯同 2歳のお子様のお母様