「とげが刺さった」を英語で?怪我や体調を表現する英語まとめ

日常でのちょっとした怪我は、子供は特によくあることですが、英語で言おうと思ったときに意外と言葉がでてきません。
子連れ海外生活で使える、ちょっとした怪我や体の具合を表現する英語用語を紹介します。

切り傷、あざ、蚊に刺され、つきゆび、ねんざ、筋肉痛など日常のちょっとした怪我を英語で

かすり傷ができました。・・・” I got some scratches.

すりむいてしまいました。・・・”I got some scrapes.

切り傷ができてしまいました。・・・” I got a cut.

紙で(指を)切ってしまいました。・・・”I got a paper cut.

ができました。・・・”I got a bruise.

とげが刺さりました。・・・”I got a splinter.

虫に刺された。・・・”I got a bug bite.

蚊に刺されました。・・・”I got a mosquito bite.

蜂に刺されました。・・・”I got a bee sting. / A bee stung me.”

つきゆびをしてしまいました。・・・” I sprained my finger.

*(右)足をつっています。・・・”I have a cramp in my (right) leg.”

寝違えてしまいました。・・・”I sprained my neck.”

*(足首を)捻挫しました。・・・”I twisted my ankle.”

筋肉痛になりました。・・・”I have a muscle pain.

*指を火傷してしまいました。・・・”I burnt(burned) my finger.”

「骨折」は英語で何という? bone=骨は使わないので気をつけよう

「骨」なので “bone”という単語を使いたくなりますが、自然な英単語は”fracture”。
骨にヒビがちょっと入った状態でも使いますし、完全に骨が折れてしまった時も使います。
”break”という単語を使っても表現できます。
では文章でどう言えるのか見てみましょう。

I fractured my finger.”(指にヒビが入ってしまいました。)

I was diagnosed with a stress fracture.”(疲労骨折と診断されました。)

I broke my left leg from snowboarding.”(スノーボードで左足を骨折してしまいました。)

I broke my right arm from skateboarding.”(スケートボードで右腕を骨折してしまいました。)

「日焼け」を英語で言うと? Sunburn と tan の違い

Sun burn”とは肌が赤くなって火傷のようになってしまうこと。
tan”とはこんがりと肌が小麦色になることです。文章にする時は、

“I got a sunburn on my shoulders.”(肩を日焼けし(赤くなり)ました。)

“I usually don’t get a sunburn, but just get a tan.”(あまり日焼けで赤くはなりませんが、色が変わるだけです。)

などと言えます。
海外にも、日焼けして痛い肌用に、アロエジェルや”After Sun Lotion”などが夏になると店頭に並びます。

sun-lotion

子供が使う“boo boo”は、赤ちゃん語で「怪我」のこと

子供が”I got a boo boo.”と言っているのを聞いたことがありますか?
実は”boo boo”とは赤ちゃん・幼児語で怪我のことを言うのです。
転んで怪我をした、ちょっとぶつかってしまったなど、怪我全般に使われます。

Are you alright? Did you get a boo boo?”(大丈夫?痛いとこある?)

なんて、親が聞いてるのを耳にするかもしれませんね。

怪我をした時、アメリカで消毒液はどんなものを使うの?

日本では怪我をすると消毒液を使うことがありますが、アメリカには”First Aid Antibiotic”という軟膏(ointment)があり、それを絆創膏をつける前に塗り、ばい菌が入らないようにします。
スーパーやドラッグストアーで、絆創膏等が売っている棚に一緒に置いてあります。

first aid