イギリス人って何を食べてるの?現地日本人妻がイギリスの食文化をご紹介

Soup of the Day

世界中の国それぞれに、色々な習慣がありますが、どの国も毎日欠かせない共通のものが“食”の習慣です。
人間が生きて行く上で必要な、そして、どの国にもある最も歴史ある習慣、と言えるでしょう。

世界共通の“食”という習慣ですが、何を食べるかは国によって様々です。

では、イギリス料理と言えば?
イギリスの食生活を、歴史や生活スタイルと照らし合わせて覗いてみましょう。

Breakfast~朝食

イギリスの伝統的な朝食、“Full English Breakfast”。
朝から開いているレストラン、ティールーム、カフェでは必ずこのメニューがあります。
この、伝統食、どんなものでしょう。

Full English Breakfast

Full English BreakfastSausage(ハーブが効いた生ソーセージをこんがり焼いたもの)
Bacon(少し厚めの、食べ応え有る脂身の少ないショルダーベーコンが一般的)
Black Pudding(豚の血で出来たソーセージ。黒く、スライスして焼いたもの)
Mushroom(小さなマッシュルームを切らずにそのまま炒めたもの)
Fried Egg(黄身がトロトロの半熟目玉焼き)
Baked Tomato(小ぶりのトマトを半分にして、焼いたもの)
Baked Beans(白いんげんをトマトソースで調理したもの)
Fried Toast(フライパンでカリカリにソテーした薄いトースト)

以上のものが、大皿にたっぷりと盛りつけられます。
お店によって全ては乗ってこないこともありますが、この伝統的なイギリスの朝食、豪華ホテルは別ですが、庶民的なお店では、値段も手頃です。
朝だけではなく、夜まで提供されるレストランもたくさんあり、いつでもイギリス人の空腹を満たしてくれます。

Sliced Toast

Sliced Toast現代のイギリス人は共働きが多く、誰もがそんなにのんびり朝食をとるわけではありません。
でも、朝のエネルギー補給は大事。

では、手軽にとれるイギリスの伝統食とは?

English Breakfast同様、ここでのトーストは薄くスライスされているのが一般的。
サンドウィッチをよく食べるため、使い分ける必要もなく、理にかなっています。

この薄いトーストをポップアップトースターで焦げ目が付くまで焼き、バターとマーマレードを薄く塗って食べるのが伝統的な朝食のスタイル。

あとは、ジャム、Marmite(マーマイト)と呼ばれる、ビールの酵母から作られたペーストを塗ったり(独特の香りと味で、嫌いな子供も多いですが、栄養価は高い食品です)、Lemon Curd(濃厚なレモン風味のカスタードクリームペーストのようなもの)を塗ったりと様々。いずれも、古くから愛されるイギリスの伝統食です。

Porridge

Porridge寒い冬の朝、食べらている“Porridge”(ポリッジ)。
オートミールのことで、栄養価も高く、冬は体を温めてくれます。
農業国のイギリス、朝早くからファームで働く人の朝食に最適です。見た目はお粥のようで、牛乳で調理し、お砂糖やはちみつをかけたり、お湯で調理し、塩をかけたりして頂きます。
お料理やお菓子に使われることもあり、手軽に栄養を取れ、満腹感も持続し、なかなか賢いイギリスの伝統食です。

Lunch~昼食

朝食だけでも、様々な伝統食がありますが、日常に何を食べるかはライフスタイルによって様々です。
では、誰もが忙しくなる現代、イギリスの定番ランチとは、どんなものでしょうか?
働く人がお昼休みに手軽に食べるランチを見てみます。

Lunch Pack

Lunch Pack“Lunch Pack”とは日本で言うお弁当。どのお店にもたくさんのサンドウィッチが並びますが、具は定番のみで、しかもシンプル。
ツナ、、エビ、または茹で卵のマヨネーズ和え、ローストチキン、チーズ&ハム、といった感じ。

最近は、セットメニュー(セットには、“Grab and go”などと、名前がついている)が目立ち、サンドウィッチ、Crisps(ポテトチップス)、フルーツまたは、チョコレートバーなどのデザートの3点セットです。
イギリスでは、サンドウィッチとCrispsを一緒に食べ、デザートも忘れません。
年配のビジネスマンがスーツ姿で、ランチタイム。
公園で、サンドウィッチと一緒に、Crispsやチョコレートバーを食べている姿は日本ではなかなか見かけない風景ですが、ここでは日常なのです。

Soup of The Day

Soup of the Day日本同様、お仕事中、ランチタイムに外へ食べに行く人も多くいます。

午後もお仕事だし、軽く済ませたい人の定番メニューの一つに、“Soup of the Day”(本日のスープ)があります。
お店のホームメイドの季節のスープと、ロールパンのセット。
それだけ?といった感じですが、数種類の新鮮な季節のお野菜をたっぷり使ったThick,smooth, and rich soup(トロトロ、なめらかで濃厚なスープ)。
量もたっぷりなので、お腹もいっぱいになります。
ロールパンは、表面がカリカリで、気泡の少ない重量感のあるバケットのようなもの。
ヘルシーで手軽なランチ。イギリスで長く愛されているメニューです。

ランチ後、仕事に戻っても、やはり、何度かティータイムをとります。
午後3時頃になると少々忙しくても手を止め、ビスケットやケーキと紅茶でティータイムを楽しみます。
時代がかわっても、この、優雅な食の伝統が今でも守られています・・・。

そして、5時頃になると、職場の人もそわそわ、帰宅の準備です。
ここでも、働く人々の夕食を見ていきます。

Dinner~夕食

近年、イギリスでは共働きが一般的なので、ほとんどの男性は、家事ができます。
最近、次々に有名な男性シェフが世間に出てきていて、そのせいかどうかはわかりませんが、男性が料理の腕を上げ始めています。
そんな理由もあり、食事の準備も手が空いたほうから始めます。

Ready to eat

平日の夕食の調理には手間をかけません。
近年、イギリスのスーパーには、“Ready to eat”というコーナーがあり、簡単に作れる食事がいっぱい並んでいます。

ハーブやスパイスがかかったお肉、パイ料理、インドカレー、ピザ、などなど、オーブンに入れるだけですぐに、豪華な夕食が出来るようになっています。

オーブンで調理している間、ジャガイモなど、付け合わせのお野菜を茹で、一人ずつの大皿に盛りつければ、豪華なディナープレートが出来上がります。

Ready to eat がポピュラーだからと言って、イギリスの人々が、いつもそれを食べている訳ではではありません。週末は、家族で、伝統的なイギリス料理を頂きます。

Sunday Roast

Sunday Roastイギリスの日曜日のDinner と言えば、“Sunday Roast”。
この国では、お昼でも、夜でも、一日のメインの食事をDinner と呼びます。
日曜日の午後、イギリスでは、家族で“Sunday Roast”と呼ばれるDinnerを楽しむ習慣があります。
昔、日曜日の朝、家族で教会に行き、帰宅してロースト料理を頂いていました。
今では、教会に行く人も少なくなりましたが、家族で過ごす日曜日のRoast Dinnerの伝統だけは残っています。いつもの顔ぶれといつものお料理が日頃の疲れを癒してくれます。

伝統のもとにあるイギリスの食

人々が忙しくなる現代、時間に追われストレスや疲労を感じる人も多いでしょう。
ライフスタイルを変えざるを得ない中、時代に順応しながらも、古くから守られている食習慣がここにはあります。
子供も大人も一緒に過ごす、家族の時間が多いことも、理由の一つでしょう。
伝統の食文化が、この国の変わらない習慣を守っていると言っても、過言ではありません。