海外の小学校での教科や時間割、学校関連の英語まとめ

学校の教科や学校関連の英語まとめ

アメリカの小学校でも、日本の学校と同じように基本教科があり、一般的には毎日ほぼ同じスケジュールで1日を過ごします。

低学年は担任の先生(homeroom teacher)が特別教科以外は全てを担当しますが、学年が上になると、教科ごとに担当の先生が変わることがあります。
ここでは、小学校での教科の例とそれに関連する用語を紹介します。

Subject 教科

Mathematics・・・算数・数学

English Language Art・・・ELAとも言います。日本でいう、国語。
読み書き(reading and writing)、語彙(vocabulary)、綴り(printing, spelling)、読解(comprehension)を習います。

Social studies・・・社会

Science・・・理科

Art・・・美術

Music・・・音楽

PE・・・ Physical Education の略。体育。
子供達はGymとも言っています。
日本の体育の授業とはだいぶ内容が違います。

Library・・・図書

Subject 教科

Mathematics 算数関連用語

Addition・・・足し算

Subtraction・・・引き算

Multiplication・・・掛け算

Division・・・割り算

Fraction・・・分数

Decimal point・・・小数点

Geometry・・・図形・空間(幾何学)

Equation・・・方程式

Place value・・・数の位
(百の位であればplace value for hundreds)

Mathematics

Language art 国語関連用語

Phonics・・・フォニックス。
本を読む前に、アルファベットを音で読む練習。

Rhyming words・・・ライム。韻。
例えば、”Cat”と”Hat”を発音すると音が同じパターンになります。
アメリカではこれをプリスクールから学びます。

Syllables・・・音節

Sight words・・・サイトワード。
読み書きをする上で、頻繁に使われる基本語彙のことです。キンダーから学びます。

Cursive writing・・・筆記体

Uppercase (capital) letter・・・大文字

Lowercase letter・・・小文字

Plot・・・物語の筋書き

Phonics

その他の用語

Academic year・・・学年度。1年のうち、学校が開校している期間のこと。

Assessment test・・・習熟度確認テスト

Report card・・・成績表

学校の種類

“Public school”は公立学校
“Private school”は私立学校
“Charter school”は政府や公的な援助は受けているが、独自のカリキュラムで学習指導をしているチャータースクール
“ Homeschool”は学校へは行かずに、自宅で学習するホームスクール。

チャータースクールは公立の学校が多く、学費も無料ですが、教材費等はお金がかかるとの噂もあります。
学校説明や子供の様子を見る為の「面接」がある場合もあります。
人気のところでは、”Waiting List”(補欠リスト)があります。

ホームスクールは、アメリカでは合法とされており、州によっては情報を登録するだけの場合もありますし、毎年1回テストを受けないといけないところもあります。
ホームスクールを希望する場合は、各州のDepartment of Educationのホームページを確認しましょう。
オンラインでもたくさんのプログラムが見つけられます。
また、博物館や課外クラスなど、ホームスクールをしている子用のプログラムもたくさん見つけられます。

ESL= English as a Second Language

アメリカの公立学校では、両親が英語が第一言語でない場合や、片親がアメリカ人でも、家で使っている言語(Language spoken at home)が英語でないと、Assessment test(習熟度確認テスト)を受けて下さいと言われます。
英語の授業が必要と判断された場合は、学校の時間内で特別クラスを行ってくれます。

レベルによって上の学年の授業を受けることも

Assessment testは新学年が始まった時と、そこから年に何回か行われることが一般的ですが、結果によっては、算数と国語は上の学年の授業を一緒に受けるように勧められることもあります。アメリカならではの対応ですね。

State Standardized test 州共通テスト

アメリカで学校に通っている子供達は、州の共通テストを受けます。
だいたい学年末のことが多いかと思いますが、受ける学年、時期は州によって様々かと思います。
このテストの結果によっては、進級できるかできないかが決まることもあります。

NSやATって何?アメリカ小学校の成績表の見方

NSやATって何?アメリカ小学校の成績表の見方

2学期制のアメリカの学校では、年に4回、成績表をもらうことが……

駐在ママお役立ち!School Supply List~学校備品リスト英単語集

駐在ママお役立ち!School Supply List~学校備品リスト英単語集

海外の学校では、毎年新学期の前になると”School Sup……