ロンドン駐在で通った日本人学校情報と体験レポート

ロンドン駐在で通った日本人学校情報と体験レポート

主人の仕事の関係で、ロンドンに転勤が決まりました。我が家には中学生の子供がおり、中学生での海外経験はとても貴重な体験になると思い、ロンドンへの家族帯同をすることに決めました。

子供の学校選びについては、初めての海外生活であることとすでに中学生のため、本人の意思を尊重する形で決めました。子供本人は日本人学校への入学の決意が固く、ロンドン駐在中は日本人学校へ通わせることとなりました。

ロンドン日本人学校は、小学部と中学部があります。我が家の子供は中学部のみの在籍だったため、この記事では主に中学部についての情報を記載します。

ロンドン駐在で日本人学校を選んだ基準・メリットやデメリット

我が家は3年間の駐在予定。子供は中学2年生で初めての海外生活となります。親としては、せっかくの機会なので、インターナショナルスクールや現地校を薦めたのですが、子供の意思が固く、日本人学校への転校となりました。

学期途中の転入なので、定員が心配でしたが大丈夫でした。ただ、転入直後に期末テストだった為、テスト結果は悲惨でした。高校受験で内申点も必要となる学校もあるため、転入時期にも留意が必要かと思います。

子供のクラス(中学部)は99%が駐在家庭ですが、小学部は永住組も少数います。

日本人学校は、高校で日本に戻る、あるいは日系の学校への進学を考える場合にメリットがあります。先生のサポート、今までの先輩方の高校受験の経験談、推薦制度も充実しています。

イギリスにある日経の高校(英国立教、ロンドン帝京)については、入試に落ちる事はほぼないと言われており、受験生は大変恵まれた環境にあります。そのせいか生徒たちにも余裕が感じられます。

ロンドン日本人学校の門

ロンドン日本人学校の情報

授業料やクラス編成

ロンドン日本人学校は、有限会社が経営しているため授業料が発生します。月曜日から金曜日に授業があります。同じ校舎で、土曜日に補修校の授業が行われています。

生徒数は減少傾向にあり、各学年多くて2クラスしかありません。学年によっては1クラスしかない為、閉塞感もあるようです。経営も大変らしく、毎年のように授業料の値上げがあります。歴史ある学校なので、これからも存続してほしいです。

ロンドン日本人学校への通学方法

イギリスらしい古めかしい趣きのある建物ですが、子供にはその良さがわかりにくいようです。転入前に学校に問い合わせたところ、スクールバスがあるが、ロンドンの交通事情が悪く渋滞する事が多いので、学校近くから通う事を勧められました。そのため、学校周辺には沢山の日本人が住んでいます。

小学校1年生から4年生迄は登下校に保護者の同行が必要です。5年生以上は、複数の生徒がいっしょであれば、保護者の同行は必要ありません。ただ、冬は日没が早いため、クラブ活動がある日は、学年にかかわらず下校時に保護者の同行が必要です。

ロンドン日本人学校の外観

通っている生徒について

日本人学校は、1年の内に3分の1は入れ替わると言われているくらい、生徒の出入りが激しいです。親の転勤やインターナショナルスクール・現地校への転入・転出が多く、高校受験を見越して日本の中学編入試験を受験するために母子先行帰国する方もいます。今年度はコロナの影響で、急遽母子先行帰国された方もいます。

愛校心を持つ生徒も多いです。コロナ禍にあって受験で一時帰国した生徒が、オンライン授業にもかかわらず、卒業式のために日英間を往復していました。同窓会も盛んらしく、子供たちは今から同窓会を楽しみにしているようです。

部活について

部活については、日本の中学校の部活と比較すると物足りなさを否めません。小学生と一緒に、週に2回ほどクラブ活動を行うのみです。校庭も狭いです。その為、現地のスポーツクラブに参加している生徒もいます。

ロンドン日本人学校に通学した体験談

2020年度の行事について

2020年度は、コロナの影響でほぼ全ての行事が中止となりました。その中で、先生方のご尽力により、工夫を凝らしたレクリエーション大会が実施されました。限られた状況下でも諦めずに、全員で力を合わせた行事は、良い思い出となりました。

運動会について

例年は、7月に全校生徒による運動会が実施されます。ロンドンの7月は、日本とは異なり、過ごしやすい気候です。近所迷惑を回避する為、学校から車で30分程離れたサッカー場で実施されます。

生徒のスピーチは全て日本語と英語で行われ、英語圏にある日本人学校であることを再認識できます。ロンドンは、日本に比べると子供が楽しめる娯楽施設が少ないため、子供達は運動会をとても楽しみにしています。

小学生1年生のお遊戯の可愛らしさに笑みが溢れたり、中学生のダンスの完成度に感動しました。中学3年生は最後の運動会なので力が入っており、最後の競技終了後は、感動の涙を流している生徒も見受けられました。

文化祭、バザーについて

秋には文化祭があります。学年ごとに出し物があり、国際的な視野を養う教育を行っている事を感じました。

同日に、PTA主催のバザーが行われます。家庭から寄付された物が出品されます。貴重な日本語の本や日本のお菓子などがあり、生徒も保護者も楽しみにしています。

進路指導について

帰国子女高校受験は、一般の高校受験より早く実施されるため、志望校調査も早い時期から行われます。生徒たちは全国各地の中学校を受験するため、先生は調査書作成が大変です。担任は、志望校が決まるまで、何度でも面談や相談に乗ってくださり、大変心強いです。

英検の重要性

日本人学校に転校して驚いた事は、英検のウェイトの重さでした。学校が受験会場になっており、小学生でも上の級を受験する事に大変驚きました。中学部では、英検1級の合格者も複数人いました。

ロンドン日本人学校体験談 さいごに

ロンドンに引っ越す予定を子供に伝えた当初は、絶対に同行しないと泣いていました。そこで、もしどうしても帰国したくなったら、在籍していた中学校に戻れる事を約束しました。結果として、日本に戻る事なく卒業できた事を喜ばしく思います。

我が家のロンドン日本人学校体験談が、これからロンドンへ駐在するご家族の方に参考になれば幸いです。

イギリス駐在準備:日本から持って行くべき持ち物10選

イギリス駐在準備:日本から持って行くべき持ち物10選

駐在準備はやることが沢山あり、出発前は日々目まぐるしく過ぎて……

ロンドン駐在妻の生活をのぞき見できるおすすめ駐在妻ブログ5選

ロンドン駐在妻の生活をのぞき見できるおすすめ駐在妻ブログ5選

ロンドン駐在が決まり駐在準備をする駐在妻の方へ、情報収集にお……