海外の炊飯器(rice cooker)の機能/ボタンの使い方・お米の種類

海外の炊飯器

炊飯器は、例えばアメリカでは、ミツワなど日本食品を取り扱っている割と大きなスーパーやAmazonなどのネット通販でも購入可能ですが、ヨドバシなど日本から買ってくる人もいます。
アメリカで使える種類は限られています。
日本で使っている物をそのまま使ってしまうと、故障の原因になるので避けましょう。
アメリカで人気なのは象印(Zojirushi)です。

炊飯器の英語ボタンの意味

炊飯器の英語表記

炊飯器の英語表記Cooking/ Reheat・・・炊飯/再加熱

Keep warm・・・保温

Extended keep warm・・・長時間保温(お米が黄色くなったりカピカピするのを防ぐ)

Reset・・・リセット・とりけし

Timer・・・タイマー

Time setting・・・タイマーの時間設定

Pre-washed・・・無洗米メニュー

Menu・・・メニュー

お米による炊き方メニュー

お米による炊き方の英語メニューWhite rice・・・白米

Reg/ Sushi・・・普通米/寿司米

Softer・・・柔らかめ

Harder・・・硬め

Quick cooking・・・早炊き

Mixed・・・炊き込みご飯、おこわ

Porridge・・・おかゆ

Sweet・・・もち米

Semibrown・・・分づき米

Brown・・・玄米

もち米を英語で

炊き方の例

今回例で紹介している炊飯器は、日本で買ってきた物です。
説明書は英語・日本語・中国語・韓国語が載っています。
英語でのみ、レシピ例もいくつか紹介されています。

例えば、パエリヤを作りたい時は、材料を全て準備した後、
”Menu”→”Mixed”→”Cooking/ Reheat”の順にボタンを押します。