海外のスーパーマーケットで魚を注文する方法

海外のスーパーマーケットで魚を注文する方法

お魚も尾頭付きのものをおろしてもらうこともできますし、並んでいる切り身を必要枚数だけ買うこともできます。

スーパーの中の魚介類コーナーにはSeafoodという表示が出ていることが多いですが、「魚屋」は普通、アメリカ英語ではfish shop、イギリス英語では fishmonger と呼ばれます。

スーパーでよく見かける魚介類の英語名をご紹介します。

魚介類の英語名

FISH (魚)

tuna = マグロ
sole = ヒラメの類
sardine = イワシ
yellowtail = ハマチ、ブリ
herring = ニシン
haddock = モンツキダラ
sea bass = スズキ
cod = タラ
tilapia = ティラピア(いずみ鯛)
flounder = ひらめ・カレイ
swai = ティラピアやナマズに似ている白身魚
salmon = 鮭
catfish = ナマズ
mackerel = 鯖
hairtail/ belt fish = 太刀魚

hairtail

tilapia

belt-fish

cod

swai

ROE (魚卵)

salmon roe = いくら
cod roe = たらこ

SHELLFISH (貝、甲殻類)

crab = カニ
shrimp = 小エビ
prawn = クルマエビの類
lobster = 伊勢エビの類
oyster = カキ
scallops = ホタテ

魚介類によくある表示

farm raised = 養殖
wild caught = 天然
sushi grade = 刺身用・生食用

魚介類を注文する時の会話例

例1:ポンドの単位で貝を注文す

Clerk Clerk

Hi, May I help you?
(いらっしゃいませ。ご注文をどうぞ。)

You You

Yes. (はい。)

You You

Can I have two pounds (2 lb.) of clams?   
(アサリ [ハマグリ] を2ポンド(908g)いただけますか。)

You You

Can I have a quarter pound (1/4 lb.) of mussels?
(ムール貝を1/4ポンド(114g)いただけますか。)

Clerk Clerk

Here you go.
(はい、どうぞ。)

You You

Thank you.    
(ありがとうございます。)

例2:グラムの単位で貝を注文する

You You

Can I have seven hundred grams of scallops?   
(ホタテを700gいただけますか。)

You You

Can I have two kilograms of oysters?
(カキを2kgいただけますか。)

例3:数を指定して魚の切り身を注文する

*filletとはここでは、魚を3枚におろした切り身のことです。

You You

I’d like to have two cod fillets.
(タラの切り身を2枚 お願いします。)

You You

I’d like to have four salmon fillets.
(鮭の切り身を4枚 お願いします。)

You You

I’d like to have 8 flounder fillets.
(カレイの切り身を8枚 お願いします。)

You You

Can you gut this trout?     
(このマスの内臓を取り除いてもらえますか。) 

You You

Can you scale this yellowtail?     
(このブリのうろこを取ってもらえますか。)

You You

Can you skin and bone this sole?
(このヒラメの皮と骨を取ってもらえますか。) 

You You

Can you fillet this mackerel into three pieces? 
(このサバを3枚におろしてもらえますか。)

ここでは、魚介類の英語名、それらをスーパーで注文する時の会話例をご紹介しました。

海外のスーパーでも、魚を下処理してもらうことができます。

量り売りの注文も初めはドキドキすると思いますが、英語のブラッシュアップのためにもがんばって挑戦してみましょう!慣れれば怖くありませんよ!

海外のスーパーマーケットで肉を注文する方法

海外のスーパーマーケットで肉を注文する方法

海外のスーパーでは、パック詰めの肉類や魚介類も売られています……