海外のレストランで子連れディナーの英会話と豆知識|海外駐在妻の英語

海外のレストランに子連れで行くときの英会話(1)

海外駐在時に、子連れでレストラン。慣れないうちは少し緊張しますね。
フードコートやチェーン店は確かに楽ですが、たまにはパパもママも落ち着いたお店で美味しい食事やワインをゆっくり楽しみたいもの。
おしゃれで雰囲気のいいレストランでも、よっぽど高級店でない限り普通は子連れでもOKです。
お店によってはキッズメニューがあったり、塗り絵をくれることも!
今回は、アメリカでのレストランを例に、子供を連れてちょっと美味しいものを食べに行く時、レストランで覚えておくと使えるフレーズや知っていると役立つTipsをご紹介します。

子連れレストランへの入店 / 着席で使う英会話

子連れ客のために、塗り絵やキッズメニューを用意してくれることも
子連れ客のために、塗り絵やキッズメニューを用意してくれることも
子連れ客のために、塗り絵やキッズメニューを用意してくれることも
あなた

Hi, We have a reservation under Yuko.
ゆうこで予約してあります。

店員

OK. Four people?
4名ですね?

あなた

Yes, 2 adults and 2 kids.
はい、大人2名、子供2名です。

店員

Follow me, please.
どうぞこちらへ

店員

Do you need a high-chair or a booster seat?
ハイチェアかブースターは必要ですか?

あなた

Yes, a high-chair please. Thanks.
ハイチェアをお願いします。ありがとう

店員

This is the kids menu and coloring. Here you go.
キッズメニューと塗り絵をどうぞ

あなた

Thank you!!
ありがとう!

店員

Your server will be here shortly.
サーバーが来ますので少々お待ちください

店員

Hi, would you like something to drink first?
まず何か飲まれますか?

あなた

Can we have four tap water ?
お水を頂けますか?4つ。ただの水でいいです

And do you have plastic cups with lids for kids?
蓋付のキッズカップはありますか?

店員

Sure. Anything else?
かしこまりました。他に何かございますか?

あなた

May I have a glass of sparkling wine? And she’ll have a glass of rose.
スパークリングワインをグラスで、彼女にはグラスのロゼをお願いします。

あなた

Hmm….For foods, well…..please give us a little more time to think.
えーっと…食事については…..どうしようかな。ちょっと考えさせてください。

これだけは覚えよう!レストラン入店で便利な英会話フレーズ&豆知識

We have a reservation under XXX (XXXで予約してあります)
→予約済みの場合はこのように言います。一人ではなく複数なので「I」ではなく「We」を使うようにしましょう。

a booster seat →座高を上げるためのシートで背もたれがないので、幼稚園から小学校低学年くらいまでの子が使うのに便利です

kids menu and coloring →キッズメニューや塗り絵をくれることがあります

*tap water →(水道水)有料のミネラルウォーターと区別して使います

plastic cups with lids →子供用の蓋付きの紙コップに入れてもらえることがあります

Can I have / May I have / I’ll have / I’d like to have/
注文の仕方は色々ありますが、「料理名+ please」と簡単に言ってもOKです

Give us a little more time to think →少し考えさせてください

子連れレストランで食事の注文時に使う英会話

あなた

Excuse me, we’re ready to order.
すみません、注文をお願いしたいのですが

店員

OK, I’ll be there in a moment.
はい、少々お待ちください

店員

So…What can I get for you?
では、何にいたしましょう?

あなた

For kids, mac and cheese and butter pasta, please.
子供たちには、マカロニチーズとバターパスタをください

店員

Do they want apple juice or milk?
りんごジュースかミルクはいかがですか?

あなた

Please give them apple juice.
りんごジュースでお願いします

あなた

For us, can we start off with this citrus salad?
(携帯画面を指差しながら)
私たちにはまず、このシトラスサラダをお願いします

あなた

And wthat is your signature dish here?
それから、えーっと、このお店には看板メニューはありますか?

店員

Our roast chicken is really good. Very popular.
Our salmon is good, too.
うちのローストチキンは本当に美味しいですよ、すごく人気があります。
サーモンも美味しいですね。

あなた

All right, so let me try the chicken then.
それでは、チキンにしてみます

友人 または 家族

I’d like to have this beef.
私はこのビーフにします(メニューを指差しながら)

店員

Sure. Anything else?
かしこまりました。他には何かありますか?

あなた

We’re OK for now.
とりあえず今は大丈夫です

これだけは覚えよう!レストラン注文で便利な英会話フレーズ&豆知識

Excuse me, we’re ready to order →注文するのにサーバーを呼ぶ時に使う

Can we start off with →まずは・・・・とオーダーする時のフレーズ。

メニューには写真がないので、口コミサイトなどで写真をチェックすると一目瞭然。
その写真を指差して「これと同じものをください」と注文するのもありですよ!

Signature dish →迷った時はお店の看板メニューを聞いてみるとのもおすすめ。

*読み方がわからない、長い料理名などはメニューを指差して略して言えばOK

We’re OK for now →「とりあえずこれで大丈夫です」注文をいったん終えるときに覚えておくと便利なフレーズ

子連れレストランでの食事中に使う英会話

子連れでも落ち着いてディナーが楽しめるレストランは有り難いですね
子連れでも落ち着いてディナーが楽しめるレストランは有り難いですね
子連れでも落ち着いてディナーが楽しめるレストランは有り難いですね
店員

There you go. Enjoy your meal!
さあどうぞ。お楽しみください

あなた

Thanks. Can we have two extra plates to share?
And can we have more bread for kids?

ありがとう。取り分け用のお皿を2つもらえますか?
それと子供用にパンのお代わりをお願いしたいのですが。

店員

Of course.
もちろんです

店員

Is everything ok?
いかがですか?

あなた

Everything tastes so good.
The chicken is delicious as you said. Thank you!
全部美味しいですよ。
チキンはおすすめ通りすごく美味しいです。ありがとう!

店員

Oh, that’s good. Anything that I can do for you?
それは良かったです。
他に何か必要なものはありますか?

あなた

I think we’re ok. Thanks.
大丈夫だと思います。ありがとう

店員

Sounds good!
よかったです

これだけは覚えよう!レストラン食事中に便利な英会話フレーズ&豆知識

extra plates to share →一皿の量が多い時などは、取り分け用のお皿を頼んでシェアしましょう。

Complimentary(無料のお通し)で出てくるパンが好きな子供は多いですね。お店にもよりますが良識の範囲内でお代わりを頼んでも大丈夫です。丁寧にお願いしましょう

*サーバーが様子を尋ねて聞いてきたらそこから食材やお店についてなど興味があることを尋ねて会話をするのも楽しいひと時です。

I think we’re OK ( fine ). Thanks. (大丈夫です)よく使うフレーズです

レストランでの食事が終わったときや会計時に使う英会話

子連れレストランは店員さんに気を遣っていただくことも多いので感謝を伝えましょう!
子連れレストランは店員さんに気を遣っていただくことも多いので感謝を伝えましょう!
子連れレストランは店員さんに気を遣っていただくことも多いので感謝を伝えましょう!
店員

Are these all done?
(お皿を指しながら)こちらはお済みですか?

あなた

Actually, we’re still working on it.
実はまだ食べているんです

店員

So may I clear this plate?
では、こちらはおさげしてもよろしいですか?

あなた

Yeah, please.
はい、どうぞ

店員

Do you want to take a look at the dessert menu?
デザートメニューをご覧になりますか?

あなた

I wish I could, but we’re quite full today….Thanks, maybe next time.
そうしたいのはやまやまですが、今日はもうお腹がいっぱいなんですよ。ありがとう、また次の機会に!

あなた

Well, can we have a box to go and also check, please?
えーっとそれから、持ち帰り用の箱を頂けますか?チェックもお願いします。

店員

Certainly!
かしこまりました。

あなた

Sorry for the mess, but we really had a good time.
Thank you so much!
散らかしてしまってすみません、でもとても美味しかったです。
ありがとう!

これだけは覚えよう!レストラン会計で便利な英会話フレーズ&豆知識

We’re still working on it. →「まだ食べています。さげないで下さい」と言いたい時に使えるフレーズ。お皿にまだ食べ物があっても下げて良いか聞かれると日本人の中には不快に思う人もいますが、完食文化のないアメリカならでは。悪気はないのです。

can we have a box to go →食べきれない時には、持ち帰り用の箱をもらってもOKです。みな平然と残り物を持ち帰るアメリカでは、箱をもらうのも恥ずかしがる必要は全くありませんよ!たいていのお店にはちゃんと持ち帰り用の箱が用意されています。

Check, please →会計をしたい時の決まり文句。テーブルで支払いを済ませることがほとんどです。

*子連れの場合、テーブルや床を散らかしたり、パンのお代わりをもらったりと何かとお世話になるので、チップと共に心のこもったお礼の一言を忘れずに!

海外の学校に通う子供が食物アレルギー。先生へ伝えるときの英会話

海外の学校に通う子供が食物アレルギー。先生へ伝えるときの英会話

子供に食物アレルギーがある場合、これは日本においても同じこと……

対応エリア:東京・横浜・神奈川・埼玉・千葉・オンライン(全国/海外)
海外赴任に帯同するプレ駐在妻向け
マンツーマン英会話レッスン

これから始まる駐在生活。英語に不安がある方へ。
駐在生活や子育てに必要な英語を出発までマンツーマンで学べます。

生徒様の声
出発前にレッスンを受けた方から こんな声をいただいています

子育てや医療など希望通りにレッスンしてもらいました

子育てや医療など英会話レッスン 暑い季節に毎回自宅まで来て頂いたおかげで、 小さな子どもと英会話レッスンを受けることができました。 レッスンは、私が希望していた通りに、子育てや医療に関するボキャブラリーを中心に、 テキストを活用しながら進めていただきました。 これからアメリカに行きますが、 レッスンで習った単語をマスターして幅広くコミュニケーションが取れるように頑張ります。 30代女性 アメリカ帯同 9ヶ月の赤ちゃんのお母様

今まで英会話はキツかったけど、今回は英語が楽しいと思えた!

今まで英会話はキツかったけど、今回は英語が楽しいと思えた! 今までも英語のレッスンを何度か受けた事がありましたが、正直キツくて楽しいと感じる事はありませんでした。 でも、こちらのレッスンは今までと違って、初めて楽しい!と思えました。 この短期間での上達は自分では実感できませんが、自分の気持ちの変化が大きいと思います。 英語が少し楽しいと思えた事が一番の収穫です。 こちらに出会えて本当に感謝です。 40代女性 アメリカ帯同 14歳と11歳のお母様

先生は優しくて質問にも細かく対応してもらえる

先生は優しくて質問にも細かく対応してもらえる 毎回とても楽しいです! 英語苦手で楽しいと思ったことがなかったので、自分でもびっくりしています。 超低レベルなわたしのことも見捨たりバカにしたりせず、 いつも優しく(時には褒めてくれたり!)教えてくださっています。 わたしの質問に対しても細かく調べて来てくださったり、 わたしに合ったシチュエーションでのレッスンも取り入れてくださっているので、実践できる日が楽しみです。 30代女性 イギリス帯同 2歳のお子様のお母様