アメリカ駐在で子供を車に乗せるなら/カーシート法律を確認しよう

アメリカでは子供のカーシートの利用基準の法律が州ごとに定められています。
赤ちゃんを出産した時、退院前にカーシートチェックを行う場合や、子供の健診に行くと正しく利用しているか口頭確認があるなど、厳しくチェックされます。正しい利用方法を確認しましょう。

州によって定められおり、若干年齢の基準が違うこともありますが、だいたいどこも同じ基準です。
小児科などに行くと、ポスターが貼ってあることもあります。確認してみましょう。

アメリカのカーシート法律

0~2歳/30lbs以下

乳児から2歳までで、体重が30lbs(約13.6キロ)以下は、後部座席に後ろ向きに装着するカーシートが義務付けられています。
州によっては1歳までと定められている所もありますが、出来るだけ長くと推奨している州がほとんどです。

2~4歳/40lbsまで

2~4歳で、そして体重が40lbs(約18キロ)に満たすまでは、胸部でベルトを止めるタイプのカーシートの使用が義務付けられています。

4~8歳/57inc以下

4~8歳で、身長が57inc/ 4’9”(約145㎝)以下の場合は、ブースターシートの使用が義務付けられています。
8歳になっても、身長が足りなければカーシートを利用しましょう。

8歳以上/57inc以上

年齢、身長の基準が満たされれば、カーシートは必要ではありませんが、シートベルトの利用が義務付けられています。
助手席の利用可能年齢は州によって違いますが、13歳以上を推奨している州がほとんどです。

車に赤ちゃんを乗せるなら必須!チャイルドシート英語用語まとめ

車に赤ちゃんを乗せるなら必須!チャイルドシート英語用語まとめ

カーシート(チャイルドシート)に関する用語まとめ [r…

海外赴任帯同で役立つヒントをInstagramで配信中

対応エリア:東京・横浜・神奈川・埼玉・千葉・オンライン(全国/海外)
海外赴任に帯同するプレ駐在妻向け
マンツーマン英会話レッスン

これから始まる駐在生活。英語に不安がある方へ。
駐在生活や子育てに必要な英語を出発までマンツーマンで学べます。

生徒様の声
出発前にレッスンを受けた方から
こんな声をいただいています

子育てや医療など希望通りにレッスンしてもらいました

子育てや医療など英会話レッスン 暑い季節に毎回自宅まで来て頂いたおかげで、 小さな子どもと英会話レッスンを受けることができました。 レッスンは、私が希望していた通りに、子育てや医療に関するボキャブラリーを中心に、 テキストを活用しながら進めていただきました。 これからアメリカに行きますが、 レッスンで習った単語をマスターして幅広くコミュニケーションが取れるように頑張ります。 30代女性 アメリカ帯同 9ヶ月の赤ちゃんのお母様

今まで英会話はキツかったけど、今回は英語が楽しいと思えた!

今まで英会話はキツかったけど、今回は英語が楽しいと思えた! 今までも英語のレッスンを何度か受けた事がありましたが、正直キツくて楽しいと感じる事はありませんでした。 でも、こちらのレッスンは今までと違って、初めて楽しい!と思えました。 この短期間での上達は自分では実感できませんが、自分の気持ちの変化が大きいと思います。 英語が少し楽しいと思えた事が一番の収穫です。 こちらに出会えて本当に感謝です。 40代女性 アメリカ帯同 14歳と11歳のお母様

先生は優しくて質問にも細かく対応してもらえる

先生は優しくて質問にも細かく対応してもらえる 毎回とても楽しいです! 英語苦手で楽しいと思ったことがなかったので、自分でもびっくりしています。 超低レベルなわたしのことも見捨たりバカにしたりせず、 いつも優しく(時には褒めてくれたり!)教えてくださっています。 わたしの質問に対しても細かく調べて来てくださったり、 わたしに合ったシチュエーションでのレッスンも取り入れてくださっているので、実践できる日が楽しみです。 30代女性 イギリス帯同 2歳のお子様のお母様