情報収集に最適!アメリカ/テキサス駐在妻におすすめのブログ3選

アメリカ/テキサス駐在妻におすすめのブログ

アメリカ/テキサス駐在が決まり駐在準備をする駐在妻の方へ、情報収集におすすめのブログ3選をご紹介します。

アメリカ/テキサス駐在、アメリカ/テキサス生活情報を発信しているたくさんのサイトやブログを見ましたが、特に以下の3サイトは情報がまとまっていたのでお勧めです。

ダラス転勤でおろおろする家族の日記

https://www.torilover.com/

ご主人の海外転勤でアメリカ テキサス州 ダラスに在住しているtoriloverさんのブログです。
渡米準備に関してとても幅広く詳しく書いていらっしゃるので、これから準備が必要な方に役に立ちます。

海外転勤の引越し業者は事前によく調べて依頼しましょう!

海外転勤の船便はだいたい2週間程度で到着、という感覚ですが待てど暮らせど届かないと生活に支障が出てくるようになるかもしれません。
トラブルに巻き込まれないように是非参考に。

最初に来てくれたところ(東京エキスプレス)が実物見ているから安心かと思って頼みましたが、これが後から失敗だったことがわかります。
まず、段ボール箱はしっかりしたものがすぐ届きますし、当日の作業もテキパキ行われましたが、船→税関の税関に届いてからがうんともすんとも動きません。
海外引越で荷物が届かないトラブルにあった話

トルネードシーズンに備えて

アメリカは竜巻の本場と言われているところです。毎年何回か大きな竜巻が発生して家ごとごっそり持っていかれるなんてニュースも目にします。
備えあれば憂いなしなので準備しておきましょう。

以前、災害への備え、ということで、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)というところから、災害対策ハンドブックを取り寄せたという記事を書きました。
今回は、その冊子の中の非常用セット的なもののチェックリストを見ながら、必要なものを多少はそろえてみようと思い、とりかかってみましたのでそのこと書いていこうと思います。
災害への備え②:非常用用品とその収納

駐在員カモさんのアメリカ生活

https://kamo-blog.com/

アメリカテキサス州ヒューストン在住のayakoさんのブログです。
ご主人の海外赴任を応援し駐在帯同に臨まれたayakoさん。知りたい情報がわかりやすくまとまっています。

『駐妻』になるか悩んでいる方へ:『駐妻』のメリットデメリット

『駐妻』というワードで検索すると「闇」だとか「マウンティング」だとかダークなイメージもあり、また「キラキラ」のイメージもあります。
せっかくの海外赴任、ご主人の辞令が下りた時に夫婦で支え合って海外生活をエンジョイできるといいですね。
どうすればそうなれるのか、ayakoさんがアドバイスしてくれています。

アメリカに来て、早数ヶ月が経ちました。
『駐妻を人におすすめできるか?』その答えはまだ出ません。結局はその人の感覚次第だからです。
今日は、私自身が感じた駐妻の現実(メリットとデメリット)をご紹介します。
見習い駐妻が語る!駐妻の現実と駐妻になりたい方におすすめの事前準備

アメリカ テキサス州で運転免許証を取得するには?

広大なアメリカで、あれば便利な車と運転免許証。現地で免許証取得の方法を詳しく書いていらっしゃいます。
ただし、日本で国際運転免許証を取得しておく必要がある点は要注意です。

日本で発行した国際免許には1年間という有効期限があります。
しかし、テキサス州の規定で90日以内にテキサス州での運転免許証も取得しなければなりません。
(90日以内というのは目安で、少し過ぎても大丈夫なようです)
正確には30日~90日以内で、申請時にテキサス州に最低30日住んでいることを証明する書類提出が必要です。
【学科試験~申請編】テキサス州で運転免許証を取得しよう①

帰国かあさんのダラス子育て日記

https://ameblo.jp/kikoku-mom/

2014年夏よりご主人の転勤に伴いアメリカ 南カルフォルニアへ。
2017年夏よりアメリカ テキサス州 ダラスへスライドし、 9歳と3歳の男の子と1歳の女の子を育てているママさんのブログです。
いずれ帰国子女になるお子さんを海外で子育て中だからこその視点で「日米比較」「日本語教育」など将来を見据えた子育てをしておられます。

日本の良いところ、アメリカの良いところ

日本は鎖国的だとか、秩序を重んじる国だとか、周囲から目立たないようにしているとか、礼儀正しくマナーがあるとか、我慢強さがあるとか、いい方向に考えればポジティブに捉えることができますが、それは日本国内にいるときだけであって、一歩海外へ出るとそれが邪魔して自由に生きられない事もあります。
その国や文化の違いを受け入れることが海外で暮らすことには重要ですね。

一ヶ月弱の日本滞在を終えて、アメリカに戻ってきました。
帰りのリムジンバスでぼーっと夜の街を眺めながら、ひしめきあって建ち並ぶ無数の住宅を見て、よくぞまぁこれだけたくさんの人が、限られた土地で暮らしていてそれでも秩序が保たれていることに、日本ってある意味すごい国だなぁ、と思いました。
昔ながらの五人組・村八分的な感覚が、多かれ少なかれ未だに根付いていて末端のコミュニティの統治が自助的になされている国って、世界を見渡しても珍しそう。
アメリカで子供を育てていると、この「箱」の存在が「ゆるやかな柵」程度に過ぎず柵の向こう側に行く選択肢も存在するな~という感覚です。
「ゆるやかな柵」の中で育った子供は、日本の「箱」に対し、規格外になるのも当然かと。
アメリカに戻ってきて思うこと

子供の日本語英語バランスについて実践していること

乳幼児期からアメリカで育った子供は、やはり英語力の上達は日本で育った子供より抜きん出ています。
一生アメリカにいるのであれば英語力や語彙だけレベルアップしていけばいいですが、将来的に日本に帰国するかもしれない駐在の場合は日本語のインプットも大事ですね。

この春から一年生になる長男。
幼稚園から引き続き日本語補習校には毎週土曜日に通うのですが、週5は現地校で英語漬けなこともあって、だんだんとお勉強系は英語の方が強くなってきました。
いつまでアメリカにいるのかわかりませんが、将来日本の学校教育を受ける可能性もゼロではない我が子。
今通っている補習校の内容では、英語と日本語のバランス的に日本語が足りないかも・・・ということで、
日本語の家庭学習をプラスすることにしてみました。
【ドラゼミ・グローバル】 ピカピカの新一年生コース はじめました

アメリカ/テキサス駐在妻におすすめのブログ3選まとめ

以上、これからアメリカ/テキサスに駐在帯同する駐在妻の方にオススメのブログをご紹介しました。ご参考になれば幸いです。