アメリカのベッドサイズは日本と違う?寝具関連の英単語集

海外でアパートや一軒家を借りると、家具が準備してある家 (Furnished home)が多いかと思いますが、ベッドは自分達で用意しないといけないこともあります。ベッドが備わっていても、シーツ等は自分で用意したいですよね。日本のサイズと異なるものもあるので、日本からシーツを持って行く際は注意が必要です。このコラムでは、アメリカで寝具をそろえる際に知っておきたい、ベッドのサイズや寝具関連の英単語をご紹介します。

ベッドのサイズ: Size for bed

Crib

クリブ(27インチ×52インチ=68.5cm×132cm)

Cribとは赤ちゃん用のベッドのことですが、Toddler bed(幼児用ベッド)に組み立て直せるタイプの物もあり、マットレスは同じサイズが使えます。ですが、crib mattressはかなり硬く作られている為、幼児用のベッドから買う場合はToddler mattressで探すと、もう少し柔らかいマットレスが見つかるかもしれません。2段ベッドは”bunk bed”と言います。

赤ちゃん・子供の寝具

Twin

ツイン(39インチ×75インチ=96.5cm×190.5cm)

Twin XL

ツイン・エックスエル(39インチ×80インチ=96.5cm×203.5cm)

Twin XL

Full

フル(54インチ×75インチ=134.5cm×190.5cm)

Full/Queen

Queen

クイーン(60インチ×80インチ=152.5cm×203.5cm)

King

キング(76インチ×80インチ=193cm×203.5cm)

King

California King

カリフォルニア・キング(72インチ×84インチ=183cm×213.5cm)

California Kingは、州によってはお店で取り扱ってない場合もあります。ネットでは見かけます。アメリカのフルサイズは、日本のセミダブルとダブルの間のサイズになります。クイーンとキングはアメリカと日本のではサイズが若干違います。日本からシーツ等を準備する時にはサイズに注意しましょう。

寝具:Bedding

Fitted sheet

ボックスシーツ

Flat sheet

マットレスと掛け布団の間に使う物。
(日本ではあまり一般的ではないですが、ホテルではFlat sheetが使われていることもあります)

fitted sheet/Flat sheet

Mattress protector

マットレス用カバー
(蚤対策用に、マットレスを全て覆うタイプや、ボックスシーツのタイプもあります。)

Mattress protector

Pillowcase

枕ケース

pillow

Bed skirt

ベッドスカート
(マットレスの下に敷き、ベッドフレームを隠すように使います。)

Bed skirt

Sham

飾り用の枕ケース

Comforter

掛け布団

Comforter

Duvet

Comforterよりも薄く軽い掛け布団

Duvet

Blanket

ブランケット

枕やマットレスの硬さレベル: Comfort levels for pillows and mattresses

硬い→柔らかい順

Extra (Ultra) firm→ Medium firm→ Medium →Medium soft→ Soft

Memory foam

低反発