海外赴任帯同のマニュアル本(無料プレゼント中)

アメリカのスーパーで見かけるコーヒーの種類

アメリカのスーパーで見かけるコーヒーの種類

アメリカといえばコーヒー。コーヒーの種類や楽しみ方もバリエーションが豊かです。
カフェで楽しむも良し、自宅でゆったり楽しむもよし。
スーパーやカフェでコーヒーを買うときに知っておくと便利な英語や知識を紹介します。

アメリカのスーパーで見かけるコーヒーの種類

Whole bean = 挽いていないコーヒー豆

Ground coffee = 挽いてあるコーヒー豆

Ground coffee = 挽いてあるコーヒー豆

Flavored coffee = 香り付きコーヒー

Decaffeinated (decaf) coffee = カフェインレスコーヒー

・焙煎の強度
Light roast→ Medium roast→ Dark Roast

Lightは薄い茶色、Darkは濃い茶色の豆になります。
Darkのほうが苦味、濃さは強くなりますが、酸味が少なくなります。

Coffee bean grinder = コーヒー豆を挽く物。
手動のもあれば、機械もあります。

Coffee filter = コーヒーフィルター。
basket shapeは底が平らなフィルター、cone shapeは底がとんがっている形になります

Coffee filter = コーヒーフィルター

自宅で本格的なコーヒーを楽しむためのコーヒーメーカー

自宅で手軽に本格的なコーヒーを楽しむために、コーヒーメーカーも充実しています。
こちらはKEURIGのコーヒーメーカー。

KEURIGのコーヒーメーカー

Kcup(coffee pod)という、一杯毎にカップに入ったコーヒーをセットすれば、好みの濃さでBrew(抽出)されます。

大抵のメーカーがKcupでのコーヒーを販売しており、様々な味を自宅で楽しめます。
もちろん、Kcupでなくても、コーヒー豆を入れる専用カップもあるのでご安心を。

Kcup

Strong coffe(濃いコーヒー)にもできます。
Hot water(熱湯)のみのボタンもあるので、ティーバックにも対応可能。

カップのサイズも5段階あり、容量は4ozから12oz`(大体350ml)まで対応しています。
(1oz=29.57ml、大体30mlと覚えておくと楽です)

Seasonal flavor(季節限定のフレーバー)のKcupもありますよ。

How do you have your coffee? = コーヒーに何か入れますか?

アメリカでは、コーヒーのお供の種類がたくさんあります。

レストラン等でコーヒーを頼むと、だいたい

How do you have your coffee?= コーヒーに何か入れますか?
Sugar and cream?= 砂糖とクリームはどうしますか?

と聞かれます。

Black coffee, please.= ブラックでお願いします。
Sugar and cream, please.= 砂糖とクリームをお願いします。
No sugar, just cream, please.= 砂糖はいりません。クリームだけお願いします。

ここでいうcreamとは、【creamer クリーマー】の事です。
牛乳の代わりにコーヒー入れるもので、粉末や液体があります。

creamer

コーヒーのお供に入れる牛乳を入れる方もいると思いますが、以下のような種類があります。

half and half = 牛乳と脂肪分が少な目の生クリームを半分ずつ混ぜたもの

whole milk = 通常の牛乳

non fat milk = 無脂肪乳

そして、

dairy = 乳製品
non-dairy, dairy free = 乳製品ではないもの

を覚えておくと、購入時にとても便利です!

牛乳の種類