【子連れアメリカ赴任帯同】帯同奥様向け/出発前の子連れ英会話レッスン

【子連れアメリカ赴任帯同】帯同奥様向け/出発前の子連れ英会話レッスン

ご主人の海外赴任に帯同する奥さま向けマンツーマン英会話ビギンです。
東京・横浜・神奈川・千葉・埼玉で300駅以上に対応、海外赴任帯同前の奥様向け、子連れOKのプロ日本人講師によるマンツーマン英会話レッスンをご提供しています。

このページでは、【アメリカ赴任帯同前の英語準備】マンツーマンレッスンを受けている、英会話ビギン生徒様のレッスン事例をご紹介いたします。

2ヶ月後にアメリカ赴任に帯同予定のため短期間で英会話を学びたい

今回ご紹介するのは、白楽駅でレッスンを受ける30代ママのIさんです。
Iさんは、2ヶ月後にご主人のアメリカ赴任帯同予定のため、短期間で英会話を学びたい、というご希望で、ビギンでのマンツーマン英会話レッスンをスタートされました。

赤ちゃんと一緒のレッスンをご希望されているため、講師自宅または生徒様ご自宅でのレッスンをご提案いたしましたところ、駅からすぐのところにある講師自宅でのレッスンをご希望されました。

今回、2ヶ月後に迫ったご主人の海外赴任帯同のため急遽英会話レッスンをはじめることになりましたが、過去の学習は学校英語のみとのこと。
しばらくブランクがありますが、中学英語や時制などは覚えていらっしゃいます。
英語に触れる経験が少ないため、反応がゆっくりになってしまうことと、ナチュラルな受け答えになると少し詰まってしまう、という初心者(中)のレベルからのスタートです。

Iさんにアメリカ帯同前の英語準備レッスンとして英会話ビギンを選んだ理由をお伺いすると、以下のようにお返事いただきました。

子供(うちの場合は赤ちゃん)と一緒に受講できることが一番の決め手でした。
また、希望すれば自宅に先生が来てくれるところとマンツーマンレッスンなのに利用しやすいレッスン料も有り難いです。

海外帯同が決まり、いろいろな準備に追われる中、お子様を預ける時間的な余裕も持てないと思いますし、何より小さい赤ちゃんを預けてレッスンをすることに躊躇されるお母様も多いです。
ビギンのレッスンはお子様連れ大歓迎、講師もお子様への対応に慣れていますので、レッスン場所や内容などお子様に配慮してお母様が英会話レッスンを受けやすい環境を作っています。
Iさんも、お子様をベビーカーに乗せて講師自宅までレッスンを受けに来てくださいました。

リスニングと海外シチュエーションでの実践練習をベースにしたレッスン内容

Iさまのレベルやご希望をお伺いし、担当のTama先生はカスタマイズプランでレッスンを行っています。
海外にいくとまず大事になるのはリスニングなので、リスニング教材を使いながら単語を増やしていくこと。
アメリカ海外生活で起こりうる実際のシチュエーションを想定して、実践の場で役立つ英語を身に着けること。
文法にこだわり過ぎずに、会話をスムーズにできるようなること、を念頭に置いたレッスンプランを作成しました。

アメリカ赴任帯同前の英語準備 Iさま向けカスタマイズレッスンプラン

(1)スモールトークや挨拶で天気の話・ウォーミングアップなど
(2)宿題の暗唱:確認と内容に関する質問
(3)宿題のディクテーション:内容把握とシチュエーションの説明
(4)毎日の行動を時制を正確に使いながら説明
(5)アメリカ生活で想像できるシチュエーションを考えながらの自己紹介や簡単な社交のための会話練習

Iさまからいただいた海外帯同前英語準備レッスンの感想

私のレベルに合わせて無理なくレッスンを進めていただいています。
家族でアメリカに行くことが決まっているので、現地ですぐ使える会話やネイティブが使う言い回しなど毎回ものすごく勉強になります。
90分のレッスンを受けていますが、充実しておりあっという間に時間がきます。
本当は外国人の先生の方がいいのかなと思っていましたが、日本語もしっかり理解しているTama先生だからこそ英語⇄日本語の微妙なニュアンスもこちらに伝わり、より分かりやすいレッスンになっているのだと思います。
毎週お会いするのが楽しみです。

出発までの10回という短期間でスピード上達、無事アメリカ赴任帯同へ出発されました

海外転勤までの10回という短いレッスン期間でしたが、きちんと毎回練習、宿題をしてきてくださり、初めの時よりも英語に慣れた状態で無事出発をされました。

3カ月ないくらいの短期間とは思えないほど早いスピードで上達、理解してくださったのですが、それはIさんが自宅学習で予習復習をきちんとされていた成果だと思います。

これからはじまるアメリカでの海外生活、楽しいことも辛いこともたくさんあるかもしれません。
ですが、新鮮な環境を存分に利用して、英語習得のチャンスと思って、毎日、現地の方とどんどんコミュニケーションをとるように心がけてくださいね。

もちろん楽しいことばかりでないときもありますし、言葉の不便があるときもあるかもしれないですが、そんなときも学びのチャンス!と思って前向きに頑張ってください。

ずっとサポートしています。いつでも気楽に頼っていただけたら幸いです。