十字架は宗教的!海外でメッセージカードの選び方と注意点

十字架は宗教的!海外でメッセージカードの選び方と注意点

アメリカではカードを送り合う機会がとても多く、専門店に行かなくてもスーパーや薬局でもたくさんの種類が置いてあります。カード売り場にいくと、種類ごとにラベルがついています。この記事では、カードのラベルの種類と、カードを選ぶときに気をつけたいことをご紹介します。

カードの種類

birthday“ = お誕生日
(”for mother-in-law”(義母用)などと、相手が指定してある物もあります。)

birthday

sympathy“ = お悔み
(誰か知り合いが亡くなったり、友達の家族が亡くなった時にもカードを送ります。)

get well soon“ = お見舞い

thank you“ = 感謝

thanks&congrats

anniversary“ = 記念日

thinking of you“ = あなたの事を考えてるよ
(相手がちょっと大変な時を過ごしている時など)

encouragement“ = 勇気づけ

wedding“ = 結婚

new born“ = 赤ちゃんお誕生
(生まれる前にお母さんに送るカードもあります。)

graduation“ = 卒業

カードを選ぶときに知っておきたい豆知識

humor“や”funny“と書いてあれば、ちょっとしたジョークが書いてあります。

blank“と書かれていれば、カードの中にはメッセージがなく空欄なので、自由にメッセージが書けます。

ちょっと注意したいのは、宗教的なメッセージがあるもの。お相手の宗教が分からない時は、避けておいたほうがいいですね。棚に十字架のマークが入っているので、よく注意して見ましょう。

十字架は宗教的なカード

年末のご挨拶”Happy Holidays!”は「良いお年を」と同じように使われる

Happy Holidays

クリスマスシーズンに向けてカードを送り合うのも一般的。そこでよく使われるのが、”Happy Holidays!”という表現。“Merry Christmas”と違って宗教に関係なく誰にでも使えるので便利です。他のバリエーションも覚えておきましょう。

  • Have a wonderful holidays!
  • Have a great year!
  • Enjoy the holidays!

メッセージカードなどに「今年もお世話になりました」と書きたければ以下のように付け足してみましょう。

  • Thank you for all your support this year.
  • Thank you for everything you’ve done for us this year.
    (今年も色々お世話になりました)
【アメリカお葬式事情】服装やマナー、お悔やみの言葉の英語は?

【アメリカお葬式事情】服装やマナー、お悔やみの言葉の英語は?

突然、親しい友人や近所の家族の悲報を聞いた時、何と声をかけた……